«

7月 17

査定額の相違

オンライン査定では、売却するバイクの車種や年式、メーカーによる違いによって査定額に相違が発生してきます。買取業者では、ディーラーでは査定が不可能と言われたバイクも査定することが可能です。また、バイク本体に市場価値がなくても、そのバイクに使われているパーツや部品に価値があれば、その分を査定してくれます。

査定額は、バイクの状態によって変わってきます。例えば、2004年式の国産で総走行距離が2万5千km以下の中型バイクの場合、A社の場合は60万円、B社が45万円、C社が40万円と同じ情報を入力しても仮査定の時点で20万円の差額が出ています。また、先に述べたように状態によって査定額は変わり、実際にバイクを査定して、提示した査定額よりも安くなることもあれば、高くなることもあります。

ディーラーでは、査定が不可能と言われたバイクでも、A社では7万円、B社では5万円、C社では4万円といくらかの査定がつく可能性があるので、ダメ元で試す価値はあります。買取が決まった時は、売却に関わる名義変更やバイクの引き取りなどの手続きを代行してくれます。また、廃車手続きに関わる手数料も無料のサポートもあるので、すぐにでも手持ちのバイクを売り出したい方は、利用してみてはいかがでしょうか。